netad of BookStand-Web.com

BookStandロゴ-白ワク.jpg
■PPC・リスティング広告運用代行
■ウェブから新たな集客のお手伝い
■売上ゼロで2年弱で年商5億円サポート実績

PRO_logo-color1.gif3380-1201.JPG

ウェブ広告(リスティング・PPC)運用代行

リスティング広告とは

ネット広告とは?

ネット広告とは、インターネット検索画面において検索結果が表示される際に表示される広告をさします。

リスティング広告運用代行

ネット広告、自社運用がいいの?それとも代行?

自社でネット広告運用されてる方や、これからネット広告をご検討の方必見です。

円マーク.jpg

費用はどれくらいかかるの?

ネット広告費はどれくらいがいいのか?代行費用は安いの?お任せください。安心価格で承ります。

ネット広告とは?ネット広告 - Google 検索.png

ネット広告では、リスティング広告や、PPC(ペイ・パー・クリック)広告などと呼ばれ、
YahooJapanが運営する「Yahooリスティング広告」とGoogleが運営する「Google アドワーズ」があります。

検索キーワードに応じて、マッチする広告を検索結果画面に表示させるシステムで
広告主様はワンクリックごとに○円というあらかじめ決められた広告費をお支払いいただきます。

Yahoo

Y検索画面.jpg「Yahoo」の検索結果画面です。 (クリックすると拡大表示されます)
ヤフーではユーザーが検索したキーワードを元に関連した広告が検索結果画面に表示される広告しシステムである「キーワードサーチ」と、特定のテーマに興味を持っているお客様をターゲットにしアピールする広告システム「インタレストマッチ」があります。

copy_of_im_keisairei.jpg

Google

G検索画面.jpg「Google」の検索結果画面です。 (クリックすると拡大表示されます)

グーグルでは検索画面に連動した広告システムを「検索ネットワーク」と呼んでいて、もうひとつは「ディスプレイ ネットワーク」という、YouTubeやGoogle関連サイトをふくめ数多くのWebサイトに設置された広告枠にマッチした広告を表示するシステムです。

Yリスティング.jpgGAdwords.jpg「Yahooリスティング広告」と「Googleアドワーズ」どっちがいいの?


結論からいえば、どっちがいいとは言いにくいですね。ヤフーリスティングのほうが運用がシンプルでわかりやすいとか、Googleのほうが検索エンジンのシェアを伸ばしてる。とかいろいろな要素
があると思いますが、それよりターゲットとなるキーワードとそして広告にかける予算、そして目指すべき成果で運用先を選択していくことが大事かと思います。そのあたりのアドバイスも安心してBookStandにお任せください。

ネット広告、自社運用がいいの?それとも代行?運用?代行?.jpg

ネット広告もご自身で運用されてる企業様や商店様も結構いらっしゃいます。しかしそういった方で50%の方が、なんと広告掲載1ヶ月でやめられるケースがほとんどだそうです。
なぜに?それは「成果が出ない」「運用方法がわからない。面倒だ」といった意見が多いと聞きます。。

ではどうやってリスティング広告を出稿するかまでの流れをご紹介してみましょう。

①キーワード選定
ターゲットとなるキーワードをチョイスします。社名や商品名、サービス、特徴、地域名などからターゲットとなるワードを抽出する作業です。何百から何千ものキーワードを
抽出して、そしてそれらのなかから、メインとなるキーワード群を決定します。そしてそれに組み合わせる複合キーワードをチョイスしてすべての組み合わせの配列をリスト化
します。。最初の時点でなかなか大変な作業ですね。


②「広告タイトル」「広告文」作成
広告文には「タイトル」と「広告文」にわかれます。(Yahoo:タイトル15文字 広告文33文字 Google:タイトル15文字 広告文19+19文字)ヤフーとグーグルでは微妙に
制限文字数が異なってまいります。ですので、両方に出稿する場合はそれぞれの制限にあわせた作成が求められます。。。また、ヤフー・グーグルともに「品質スコア・品質インデックス」
とよばれる評価システムがあります。これは広告文の品質をスコア化し、このスコアと入札クリック単価をかけあわせた結果で一番高い広告が上位表示されるものです。
要は入札単価を一番高額でも、広告文のスコアがわるいと上位表示されないということです。ですので、高い品質の広告文を考えるのが大事です。
当たり前のことですが、広告文はキーワードの組み合わせ1つに対して、一個づつ作ってまいります。これを怠ると、品質スコアは間違いなく低くなります。。


③掲載エリアの設定
自社の商品が通販などで全国対応なのか?もしくは店舗などの立地やサービス提供エリアが限られる場合でも、地域設定で適切な広告表示が可能です。
現状、都道府県ごとでのエリア設定が可能です。

④予算設定
広告全体の予算(月あたりの予算)をいくらにするか?そして広告ごとのクリック上限単価をいくらにするか?の設定をします。予算に関してはいろんな判断要素があると思います。
・ネット広告費予算の上限
・ウェブからの集客で得られる売上の目標
・ウェブからの集客で獲得できる顧客数
・ライバル会社より上位に表示させるために必要なクリック単価
・YahooとGoogleの出稿は?両方とも?それともいずれかに集中?
などなど。。。
いろんな要素があって、どれがベストなのか?そもそもネット広告での適切な広告費はいくらなのか?
わからないことだらけだと思います。なかなか自社での運用は大変なのかもしれませんね。。。

■結論
自社で運用できるのであれば、ぜひ取り掛かっていただくのが良いかと思います。しかしながらネット広告はどんどん難しくなっていて、しかもYahooもGoogleも代理店制度などを活用して
居る現状ですと、どうしても自社運用では先々の変化にもついていけないっていうことも充分に考えられます。そんな不安感をお持ちの片はまずは代理店に運用代行をお任せになるのをオススメします。

費用はどれくらいかかるの?円マーク.jpg

BookStandでははじめての広告出稿でもしっかりとサポートさせていただきます。
出稿前①キーワード選定②広告タイトル・広告文作成③エリア設定④予算設定
もちろん運用管理中のキーワード変更やクリック単価の変更などもお任せください。

費用

  • セットアップ時:150,000円(税別)
  • 運用代行費用:毎月出稿した広告料の20%分(税別)

運用代行は1ヶ月単位で契約可能!最低金額は5,000円から!

また、ランディングページ製作や自社運用のためのコンサルティングメニューも
ございますので、上記以外でのサービスも可能な範囲で対応いたしますので
お気軽にご相談くださいませ。


お問い合わせボタン.gif